読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ke1の現在進行形

ゲームとか、アニメとか。

【Hearthstone】ガジェッツァン以降の大会構成の変遷

4Hero1BANコンクエストBo5について。

Nerfで環境が変わる前に書いておこうと思った。

 

 

構成は3つに大別される。

①アグロ構成

②コントロール構成

③アンチコントロール構成

②は①に、③は②に、①は③にそれぞれ強い。言わばグーチョキパーの関係にある。

 

 

現環境で最もよく見られる構成は①アグロ構成である。

BAN Shaman / Target Warlock,Rogue

 

変遷を追う。

第1世代 Muzzy構成

Aggro Shaman, Pirate Warrior, Miracle Rogue, Renolock

海賊による序盤の制圧力やレノやカザカスの強力な効果など、メタを考えずにデッキパワーの高い順に上から持ってきた攻撃的な構成。3パチ1レノとも呼ばれ、たちまち一世を風靡した。現在でも使われている。

 

第2世代 Tyler構成

Aggro Shaman, Pirate Warrior, Miracle Rogue, Reno Mage

RenolockをReno Mageに変えることによってMuzzy構成、特にRenolockに強くした形。Reno MageにしたことでPirate WarriorやMiracle Rogueに対して強く出られるようになった。現環境で最も多く見られる構成。

 

第3世代 Rdu構成

Aggro Shaman, Pirate Warrior, Aggro Rogue, Tempo Mage

Tyler構成のMiracle RogueをAggro Rogueに、Reno MageをTempo Mageに変えた構成。時系列的にはこちらが2番目なのだが、構成の性質上3番目とした。Miracle Rogueに対して隙を見せない構成となっており、上2つと比較するとデッキパワーはやや落ちるものの、アグロ構成ミラーに強い点が評価できる。

 

第4世代?

Aggro Shaman, Pirate Warrior, Reno Mage, Renolock

爆発力は高いが安定性に欠けるMiracle Rogueを外した2パチ2レノ構成。EU冬季プレーオフはこの構成が思いの外多くて驚いた。Thijsの構成からはRogueを絶対通さないという強い意志を感じる。どのような結果を残すのか注目。

 

 

次は②コントロール構成について。

BAN Warlock,Druid,Priest / Target Shaman,Warrior,Rogue

現環境初期に強烈なインパクトを残したのはやはりVlpsだろう。アグロ構成ばかりの環境に一石を投じたのは間違いない。数はそれほど多くはないが、今も一定数見られるため警戒が必要。現在はControl Shamanがミッド寄りになり、Dragon PriestがRenolockになっているのが主流のイメージ。

 

 

最後は③アンチコントロール構成に関して。

BAN Shaman / Target Mage

色々探したが結果を残している構築は少ない印象。Reno Mageに圧倒的に強いが、デッキパワーでひっくり返される可能性が低くない上、蔓延するアグロ構成に強くないため安定性に欠ける。組むとすればEU冬季プレーオフのLifecoachの構成に似たものになるだろう。

Jade Shaman, Miracle Rogue, Reno Mage, Jade Druid

 

 

いずれにせよ冬季プレーオフが楽しみです。